ソウル・キッチン

 「何があってもここがホーム」(予告キャッチコピー)と、誰より思ってるのは主人公!でわ。恋人にも実兄にもひどい目にあわされるのに、誰を恨むとかグレるとか病むでもなく必死に問題解決しようと奮闘する姿なんだか尊敬しちゃう。自分以外を許せる包容レベル(?)って育ち・環境?関係なく素質?登場人物みんな面白いんだけど腰を痛めながら駆け回る主人公の姿がどんどん素敵に見えて、見終わった後の気持ちがよかったYO!


映画『ソウル・キッチン』予告編